私たちの仲間を紹介します。

重要部品の加工技術開発から組立までを一貫して行う

生産技術S.U.

業務内容

生産技術部 部品生産技術室は、主にシートベルトやエアバッグの重要部品の加工技術開発から試作金型製作、量産金型製作、量産樹脂成形、組立までを一貫して行っています。これらが海外拠点で立ち上る場合は、世界各国へ立ち上げ支援に赴くする事もあります。

仕事の面白さ

新製品の開発には、我々も積極的に関与します。
製品の軽量・コンパクト化が進む中、製品を構成する部品に対する要求精度は益々高くなっています。この要求に応える為、より高度な加工技術を追求し、安定した品質で、安定した生産ができる部品生産技術の確立を目指しています。開発部門や生産部門と共にアイデアを具現化し、仮説と検証を重ねながら、課題を解決し、目標が達成できた時は高い達成感が得られます。

人命に関わる部品を作り社会貢献できる喜びと誇りを持ち、高い目標にチャレンジ

多彩で多才な仲間達

部品生産技術室には、様々なスキルを持った仲間達がいます。

  • 3D-CADを用いた金型設計/流動解析技術者
  • ミクロンオーダーの加工精度で工作機械を操る加工技能者
  • 精密測定機器を用いて、加工部品、成形部品の出来栄えを保証する測定技能者
  • 測定結果に基づき、微細な金型調整を行う金型組立技能者
  • 使用する樹脂材料や金型に応じて、最適な成形条件を導き出す成形技術者

これらのスキルに関する技能検定(国家検定)の取得も教育計画に盛り込んでいます。
すでに1級を取得している仲間もおり、互いに切磋琢磨し更なる技術の向上を目指しています。

人の命を守り、世の中に貢献する

部品の出来栄えが、自動車安全部品の性能・品質・コストに繋がっていきます。
私たちは人の命を守るための部品を作り、世の中に貢献しているという喜びと誇りを持ち、
高い目標にチャレンジしています。

求人採用エントリーはこちらから

求人採用/エントリー