私たちの仲間を紹介します。

世界中の工場で同じ品質の製品をつくり上げる

品質保証A.F.

業務内容

JSSには、世界中に90を超える拠点がありますが、すべての工場で同じ品質の製品をつくるためには、製造方法や製造設備、そして検査方法や評価方法に至るまで、ルールを作って運営しなければなりません。
設計、製造、生産技術など、関連する部署それぞれの考えを把握しながら連携し、良いものをつくるための基準を作り、安定した品質の製品づくりを行えるようにすることが品質保証の仕事です。

世界中の従業員の経験を生かしたい

入社して約10年を経て、エアバッグ、ステアリング・ホイールの品質を担当しながら、日本、そして北米の生産にも携わったことで、たくさんの経験を積むことができました。私の経験は1人分ですが、世界中のJSS従業員約50,000人の経験を共有できたら、それはすばらしいことではないでしょうか。
JSSは各拠点において、それぞれ地域や個性、特色を生かした生産活動を行っています。それらをより太いパイプで結びつけ、みんなでサポートし合える品質保証の仕組みを作ることが、私の大きな目標です。

まずはやってみる、そこから新しい道が見えてくる

まずはやってみる、そこから新しい道が見えてくる

私はいつも、「まずはやってみよう」という考えで仕事をしています。もちろん無鉄砲に突き進むという意味ではありません。多少の不安や困難があっても、やり始めれば新たな道が見えてくるのではないか、そんな前向きな姿勢で臨むことが大切だと思っています。
私は入社4年目に、メキシコへの駐在を命ぜられ、6年半現地スタッフと共に仕事をしてきました。当初、語学は全く駄目でした。でも、前に進んでみればどうにかなるものです。伝えたいことさえ決まっていれば、言葉以外にも意志を伝える手段はありますし、 エンジニアには図面という共通言語もあります。仕事をしているうちに、言葉がついてくるようになりました。
その頃のことは、今では笑い話になっています。

求人採用エントリーはこちらから

求人採用/エントリー